ティーチング・プレイバック

KeiganMotorはモーターに手で直接動作(モーション)を記録させて再生すること(ティーチング・プレイバック)が可能です。

この動作はアプリケーションやその他デバイスを用いることなく、モーター単体で行うことができます。

最大5つの動作まで、記録と再生が可能です。詳細はこちらのページを参照下さい。

電源を入れた後、基本的な記録と再生の方法は、以下となります。

ボタンによる動作記録(ティーチング)方法

手順
1 記録ボタン(丸)を押す。すでにメモリが使われている場合、LEDが白く点滅します(使われていない場合は、そのまま3へ)
2 記録ボタン(丸)を押す。メモリの消去が実行されます。消去が完了すると、LEDが赤く点滅します。
3 記録ボタン(丸)を押す。動作の記録が開始されます。自由に動かして下さい。
4 停止ボタン(四角)を押す。動作の記録が停止されます。停止ボタンを使用しない場合、最大記録時間は約2分間となります。

ボタンによる動作再生(プレイバック)方法

手順
1 再生ボタン(三角)を押す。再生開始地点までゆっくり回転します。
2 回転が停止したことを確認します。
3 再生ボタン(三角)を押す。動作の再生が開始されます。

本体ボタンについて